大将 再登場!!

0

    ご覧になりましたか、今日の大将をっっ!!


    放置気味なうえにインフルエンザにかかり、しばらくお休みしておりました。
    お久しぶりでございます。


    今日は久しぶりにマッサンに大将が登場する日。
    しかし、前日のラストで英一郎が亡くなったことがすでにわかっています。

    号泣必至!!泣く

    私はタオルを握りしめて、テレビの前に座りました。

    大阪へ向かうマッサン夫婦。
    ウイスキー貯蔵庫には大将の、羽織袴の後ろ姿。
    150206_0824~01.jpg

    もうこの背中からすでに悲しみがあふれていましたね!
    そしてやはり、なんと和装の似合う人でしょう!!キラキラ


    今日の大将はもう、表情のいちいちが情感がこもっており、たまりませんでした。

    英一郎の作った原酒をマッサンたちに飲ませて、ほめられると「嘘つけ」といい
    「まだ若い。若すぎる・・・・」とつぶやく時。

    マッサンに「アンタのおかげで丸ビンは売れた。アンタがいなかったらウイスキーさえ作れなかった」と言った時の
    涙をいっぱい溜めた目と、あたたかい表情。

    差し挟まれた英一郎の表情もとっても良かったですね。

    そして何より、最後にマッサンとエリーにお礼を言おうとして
    エリーの顔を見た途端、悲しみがこみ上げる瞬間の、あの表情。
    あそこはもう・・・・自然すぎて、とても演技には見えなくて

    なんて自然で、うまいんだろう。

    今日の堤さんは、舞台の堤さんだったと思いました。
    舞台で演じている堤さんを映像で抜いている、そんな感じがしました。
    たぶんあの3人は、あの空間で舞台を演じているように、演じていたのではないでしょうか。
    だからこその、あの堤さんの自然さ、心が伝わる演技だったと思います。


    すばらしいですね、堤さん。今日は手放しですばらしいです。 ただ感動です。
    こんな演技をしてくれる堤さんが好き。 誇らしい。

     
    posted by: 観世 | 「マッサン」 | 18:26 | comments(4) | trackbacks(0) | - |

    わての本気見せたる

    0
       
      今日は責められていましたね、鴨居社長。

      「あんた、評判悪いで」と言われた時、私までグサッと来てしまいました(; ;)

      ちゃんと忌憚のない意見を言ってくれる人とわかっているから
      ああして無言で批判に耐えていた大将ですが
      私は英一郎同様、「そこまで言うか!」と思って、はらわた煮えくりかえって・・・は言い過ぎだけど
      悔しい思いをしていました。

      でもじっと耐え、現実を受け止め、さらに前を向いて進もうとする大将。
      いや〜、かっこいい!!
      イミテーションの鴨居とまで言われ、香料や甘みで調整しろと言われたのに
      「日本初の国産ウイスキーを絶対出す」と言った姿に
      本当はイミテーションなんかじゃない、本物志向の大将の一面に
      マッサンも気づいたんじゃないでしょうかね。
      グズグズ言っていたのにふっきれましたね、マッサン。
      それもこれも、あの大将の姿勢と決意だからですよ!!

      あー、かっこいいですね、大将っっ!!
      もう大阪篇で最後まで行けばいいのに(T T) 北海道は行かなくてもいいよ。(ダメです)


      今日は玉山くんのラストの顔もかっこよかった
      彼もだんだん、気持ちが顔ににじみ出てくるようになりましたね。・・・と私は思います。




      さて、ご報告が遅くなりましたが
      今年も堤さんに、プロジェクトからクリスマスカードを出させていただきました。
      昨年の活躍ねぎらいと、来年の様々な作品への期待、そして健勝祈願を
      簡単に書かせていただきました。
      (もちろんメンバーのお名前もみんな書かせていただきました^^)
      141222_1124~01.jpg
      このカードね、表面がなんかベルベットみたいな手触りなんですよ!
      シンプルですけど、キレイでした。
      (ちなみに先週末に投函しています)


      皆様もよいクリスマスをお迎えください。

       Merry Christmas!!



       
      posted by: 観世 | 「マッサン」 | 08:19 | comments(2) | trackbacks(0) | - |

      かなわんな〜!

      0

        ヤバいヤバイヤバい!!

        今日の大将はヤバかったですね!

        昨日も、エリーの話を玄関先で聞いてしまった後の、右斜め後ろからのショット(完璧)!
        秘密の隠れ家で、青いライトの中のショット(完璧)!
        ステキなショットがたくさんあってしびれたんですが

        まあ言ってみればこれは外見の美しさからのもの。要はブロマイド的美しさ。

        今日の! 今日の大将の演技は!!
        これぞ堤真一ですばい!(つい博多弁) 

        エリーに「英一郎の前で裸になれ」と言われたあと
        工場で働く英一郎を見つめる目。
        社長室に呼んだ英一郎に、母親とのことを話すシーン。
        そして、
        ラストに息子を抱きしめるシーン。

        気持ちの機微をこんなに表せるだなんて。黙って立っているだけで。
        もうホント、他の出演者に失礼かもしれませんが、
        堤さんだけ演技の濃さが違う気が。(ひいき目??)


        偉そうなことを言いますと
        やっぱり若い頃は、見た目の美しさや、とんがった雰囲気が魅力的で
        そこにいるだけでもかっこいいし、黙っていても成り立つみたいなところが、あったと思うんですよ。
        でも今、年齢が上がって、若い俳優さんみたいな美しさは正直減ったし、
        「堤真一も年とったわね〜」と思われる人も多いでしょう。
        しかし! どうですか、あの吸い込まれるような演技。
        何もかっこつけていないのに、人間的なかっこよさがにじみ出る役作り。
        年を重ねる、演技が深まるっていうのは、こういうことなんだな〜と
        今日は堤さんのアップを見つめながらしみじみ思ったことでした。
        こんな役者さんになってくれてありがとう・・・って。


        いつも、BSで7:30から見て、ふだんは8時はもう見ないんですが
        今日はもう1回見ちゃいました。
        展開や、大将の心情がわかってからもう一度見ると、なお深い。
        2回とも泣きました(笑)


        いやしかし・・・ちょっとかっこよすぎ、いい男すぎだよね、鴨居さん!

        私のダンナが、仕事上でサントリーの人に会ったらしいんですが
        『うちの嫁さんが堤真一のファンで、マッサンを楽しみに見てる』という話をしたらしいんです。
        そしたら「うーん、しかしさすがにあれはやりすぎかも・・・」と言ったらしい、大将のこと。
        それはね、新入社員を募集した時に芸出しをさせていた頃ですけどね、ちょうど(笑)
        ま、あの時はやりすぎと思われても仕方なかったかもしれませんが
        今はもう、きっと「堤真一でよかったーと思っているんじゃないかしら。
        むしろ12月で堤さんの出演が終わったら、
        サントリーの皆さんは「困った!もうちょっと出してくれ!」と思うんじゃありません?w

        鴨居さんがいないマッサンなんて、まるで火が消えたようですよ〜〜(T T)
        最後まで、ずっと出続けて下さい、大将〜〜!


        あー、今日の回はよかった♪
        夜また見よう(^^)


        (しかし、奥さんを病院に見舞っている時の、若い時の大将を演じる堤さんの
        髪型は・・・・アレはどうなんだ




        posted by: 観世 | 「マッサン」 | 09:00 | comments(6) | trackbacks(0) | - |

        朝日デジタルに記事掲載

        0

          朝日デジタルにこんな記事が載っていました。

          「堤真一、外国人ヒロインに学んだ事」
          http://www.asahi.com/and_w/interest/entertainment/CORI2045913.html


          エリー役のシャーロットのことをとてもほめていますね。
          それから、やはり英一郎との確執には、ご自分のお父様の思い出も重ねているようで。
          (堤ファンならよく知っているお話しですけど)


          続きに全文をあげておきます。












          続きを読む >>
          posted by: 観世 | 「マッサン」 | 23:23 | comments(2) | trackbacks(0) | - |

          だいきらいです。

          0
            JUGEMテーマ:「マッサン」 鴨居欣次郎 推し!

            私は大好きよ〜〜!! 大将ぉぉ〜〜!!!
             

            いやー、息子ハンサムと思って見てましたら
            「浅香」くん、ということは、浅香光代さんのご子息でしょうかね?
            ・・・と思ってちょっと調べたら、浅香さんの「孫」という情報あり。(ホントかどうかは謎)
            そうだよね、息子なわけないね年齢的にwww
            で、元ジャニーズなんだって。(これは事実)。

            ま、どうでもいいか。
            朝ドラで人気が出そうな俳優さんです!
            今日は、樽を運べと言われたシーンで、
            俊兄ィが「まっすぐなんですよ」と言った台詞に「ガッカリです」と吐き捨てた
            冷たい視線が良かったですね。


            堤さんの登場は、前回ふり返り内容の冒頭だけでしたが
            ホントにあのブラック?ダークグレー?のスーツと帽子、似合うわ〜


            みよごんさんの所に久しぶりに遊びに行って、ゆっくり読ませていただきましたが
            え、鴨居の大将って、12月までしか出ないんでしたっけ!
            ガーン そんなこと忘れておった・・・。淋しくなる〜(; ;)

            でも、息子があらわれて、12月はいろんな波乱が起きそうですね。
            堤さんは親子の確執モノが多くて、これまでほとんど息子側だったんだけど
            父親側をやるようになったのねー・・・と、感慨深いです。


            posted by: 観世 | 「マッサン」 | 08:31 | comments(2) | trackbacks(0) | - |

            堤さんがほめられてま〜す♪

            0
              JUGEMテーマ:「マッサン」 鴨居欣次郎 推し!

              こんな記事が載りました!

              <マッサン>好調の理由は? 堤真一の存在感やキャスティングの妙

               俳優の玉山鉄二さんが主演し、米女優のシャーロット・ケイト・フォックスさんがヒロインを務めるNHK連続テレビ小説「マッサン」が、4週連続で週間平均視聴率が20%を超えるなど好調だ。立身出世や夫婦の愛などベタなテーマを描き、朝ドラ初の海外からのヒロインのフォックスさんの演技や泉ピン子さんの“嫁いびり”なども話題だが、メディア文化論が専門の稲増龍夫・法政大学社会学部教授が「堤真一さんが光っている」と語るように、脇を固めるキャストの存在感も魅力の一つになっているようだ。「マッサン」の好調の理由を探った。

                 (中略)

              稲増教授は「中でも堤真一さんが光っている」と堤さんを絶賛する。

               堤さんが演じる鴨居欣次郎(きんじろう)は、国産初のウイスキーづくりを実現する鴨居商店の社長。器が大きく、部下や周囲の人から信頼され、柔軟かつ独創的なアイデアで、時代を切り開いていこうとする。まじめで愚直にも見える政春とは対照的で、稲増教授は「人情、夢を追いかける人生、それに加えて新しいものをどんどん取り入れる破天荒なキャラクターが魅力的」と説明する。

              http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20141101-00000011-mantan-ent



              どなたかは存じませんが、稲増教授とやら、ありがとうございます。
              ま、当然かな!(笑)
              そういうポジションを狙って堤さんを当てて、
              堤さんが期待以上にその要求にこたえたキャラクタライズをしたということでしょう。
              そういうお仕事をするのは、もはや堤さんには当然な感じですね。

              玉山くんもほめられていました。
              今までにない朴訥とした感じをうまく演じていると。
              たしかにそう思います。
              玉山くんも一皮二皮むけるといいね!


              記事のご紹介でした。



               

              posted by: 観世 | 「マッサン」 | 08:46 | comments(0) | trackbacks(0) | - |

              内助の功や。

              0
                JUGEMテーマ:「マッサン」 鴨居欣次郎 推し!

                おはようございます。

                私、この週末は、もう1つの趣味フィギュアスケートにうつつを抜かしておりまして
                マッサン記事も、届いた『三人姉妹』のDMについても
                全然書けてなくてごめんなさい。


                今日のマッサンは
                またまたエリーのキュン死にギャンカワシーンから始まりました!(何語?w)
                ほんとにシャーロットさんのナチュラル演技は素敵。
                土曜日にマッサンとケンカして怒ったところもすごく良かった!!
                あの突き飛ばす仕草の男前なこと♪

                ま、今日はマッサンもかわいかったですけどね(笑)
                謝れよ! 子どもか!! っていうね。そんな二人でした(^^)

                で、困ったエリーが頼ったのが、再び鴨居社長。
                だけどエリーのお願いを、大将はきっぱり断りました。
                いい男やねっ! 潔くて意志が強い。下手な同情はしない。
                (義理人情にはあんまりこだわらないんだね、きっと。
                そういう点では外国人的で、エリーも接しやすいのかも)
                ・・・でもその後の、ワインを自社で作る動きとかは、
                住吉酒造つぶし・・・と言ったら言い過ぎだけど、そんな風に動くのかな。
                まさかマッサンへの嫌がらせではないとは思うけれど・・・。
                ビジネスはビジネスって割り切って冷酷に対処しそうなところがあるからな〜、大将。
                (時々「恋におちたら」の高柳さんとかぶるんですが・・・^^)


                それから、影で暗躍する専務役・白井晃さんの悪者っぷりね(^^;)
                私、『軍師官兵衛』も見ているんですが、今 石田三成が非常〜にダークな感じになって来ていて
                怖いというか、危ないくらいなんですけれども、
                白井さんの専務も「三成か!」と言いたくなるくらい、やなヤツですね。
                マクベスのマクダフ役では、あんなに爽やかで高潔でかっこよかったのに!(笑)


                今週はウイスキー作りに関して波乱が起きそう。
                鴨居さんがどんな経営者っぷり、ビジネスマンぶりを発揮してくれるか
                楽しみです!


                 
                posted by: 観世 | 「マッサン」 | 08:34 | comments(1) | trackbacks(0) | - |

                一緒にウイスキー作ろ♪

                0
                  JUGEMテーマ:「マッサン」 鴨居欣次郎 推し!

                  今週はいいですね!!(≧▽≦)
                  鴨居社長の魅力的な人間性や、かっこいいところがバンバン出てきます!
                  どうだ、週刊新潮! どこがシブチンで銭ゲバじゃ!!
                  これで新潮を読んで「え〜、また堤真一が壊れてんの?」と思いながらテレビを見た人が
                  みんな堕ちていくこと間違いなしだ!(笑)

                  さて、売れなくなってしまった太陽ワインを巻き返すために
                  世間を驚かすようなポスターを作ろうとしている鴨居商店。
                  女性の肌をあらわに見せる写真を撮るシーンですね。

                  ふすまの隙間からモデルさんの様子をのぞく大将。
                  141024_0753~01.jpg(カーテンの映り込みがwww)

                  たっ たっ たまらん横顔ですねっ!! なんという美しいライン。うっとり。
                  キラキラした強い視線の目も素敵。

                  今日はいい顔メジロ押しでした。
                  「透き通るような肌が必要なんや!」と言った時の表情。
                  マッサンに「誤解してました」と言われた後の表情。
                  どれも良かったです。

                  極めつけはラスト、「お前が大丈夫と言ったから」のシーン。

                  「どうして作り直す必要がある?」
                  141024_0756~01.jpg
                  この時の顔つき、タメ、余韻を残して去る様子、・・・・完璧!!!
                  こういうの、堤さんうまいんですよね〜。
                  残された方が「・・・あ、あ、・・・・・。」と呆然としてしまうような立ち去り方。

                  今日は、ふすまから覗く横顔と、この帰り際のシーンの2回、
                  「か、かっこいいっ」と声が出てしまいました(笑)


                  ところでこの、「ウイスキー作ろ♪」とマッサンに持ちかけるシーン。
                  141024_0755~01.jpg
                  近い近い近い!!(笑)


                  どんどん魅力的になってくる大将。
                  録画リピートの回数が増えて来て、困っています。


                   
                  posted by: 観世 | 「マッサン」 | 08:54 | comments(3) | trackbacks(0) | - |

                  成河くん!!!

                  0
                    JUGEMテーマ:「マッサン」 鴨居欣次郎 推し!

                    いきなり浮気してすいません(笑)
                    今日から成河(ソンハ)くんが出始めました!
                    わーい! 成河くん出るって知らなかったよ〜♪ 成河くん好きなんだ〜(^^)

                    成河くんは小劇場畑出身の役者さんですが、いまやなかなかの売れっ子です。
                    彼が売れ始めたキッカケは?
                    そう、「SP」のリバプールクリーニングですね!!
                    あのテロリスト4人組の中の、女装をして美しい女の人に化けていたのが、ソンハくん。
                    当時の名前は「チョウ ソンハ」でしたが、近年「成河」と名前を改めました。(日本の人だよ!)

                    成河くんは、今も舞台の方でかなり活躍しています。
                    野田秀樹さんはじめ、有名で大きな作品にも出ています。
                    去年は私、「ショーシャンクの空に」という大きな舞台を見ました。
                    成河くん、主役だったけどとっても素敵でした。
                    「SP」の頃よりだいぶ大人になりました。雰囲気が。

                    今回、広報部のトップみたいな役ですね。
                    「SP」以来、再び堤さんと共演。
                    スポーツ報知さんの記事に、成河くんのドラマに対するコメントが出ていますが
                    その中で『堤真一さんと八嶋智人さんに大きな刺激を受けた』と言っています。
                    http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20141022-00000160-sph-ent
                    (また堤さんが影響与えちゃったよww)
                    「SP」から7年くらいを経て、ご自分も成長され、仕事で再会したわけですが
                    やっぱり堤さんは、だいぶ先を歩いていたようですね(^^)

                    いつか舞台で、堤さんと成河くんが共演してくれたらうれしいな〜。

                    で、八嶋さんはいつ出るのかな?もうすぐ??

                     
                    posted by: 観世 | 「マッサン」 | 23:19 | comments(0) | trackbacks(0) | - |

                    「今度」とオバケは出たことない

                    0
                      JUGEMテーマ:「マッサン」 鴨居欣次郎 推し!

                      う〜ん、名言!(笑)

                      今週は鴨居さんガンガン出ていて嬉しいですね!
                      また今日は、ラストにも長いこと歌ってくれまして。
                      聞きながら「音ハズれてるよ〜音〜」と思っていたら、
                      あれはわざと音がハズれる演技だったのでしょうか??
                      それとも生来の音痴(失礼!)がチラッと出てしまったのを、アドリブであんな風にしたのでしょうかね?
                      何度も歌い直すところが、めっちゃかわいくて面白い! 何回見ても飽きません。

                      今日 はおっていた鴨居商店のハッピですが、素敵ですよね。
                      色もいいし(えび茶・・・かな?)、背中の家紋も鳥が2羽向かい合ったデザイン。カモでしょうね。
                      裾の方の四角い模様は、何かの字をデザインしてるんじゃないかなー。
                      あれ、売ってたら買うのに(笑)

                      今日も金魚占いしてました。
                      明日の「ミーティング」で、どんな突拍子もないことを言いだすか楽しみです♪


                      ところで
                      今週号の週刊新潮を見たのですが、ちらっと堤さんが載っていました。

                      『「堤真一」銭ゲバ役で NHK「マッサン」に困惑する人々』
                      彼が登場すると、主役の玉山鉄二が霞んで見える――。視聴者からそんな声も聞こえてきそうだ(中略)
                      「マッサン」で、コテコテの大阪商人を演じる堤真一が話題になっている。
                      だが彼の"怪演"に困惑している人はいないのか。


                      という見出しで、マッサンに堤真一が登場した様子が書かれています。
                      で、最初の2話を簡単に取り上げた後

                      視聴者はこの2話を見ただけで、鴨居が軽薄であると同時に、シブチンな経営者だと感じることは間違いない。

                      えーーーー!!?
                      そんなことゼッタイないだろ!!


                      続いてコラムニストの話として

                      「あれではサントリーの創業者はうるさくて、ちょっと迷惑なおっさんだったということになります」
                      「カリスマ創業者をあそこまで面白おかしく演じられると、内心は良く思っていないサントリー社員もいるのではないでしょうか」


                      アホやろ、このコラムニスト。物語を読みとる能力ゼロやろ
                      さらに経済誌記者が苦笑しながらこう言ったと。

                      「ドラマのことは社内でも話題になっているが『あれじゃあ銭ゲバ社長だよ』と戸惑いを隠さない社員も少なくありません」

                      ウソだね〜〜。
                      どこをどう見たらあれが銭ゲバ社長に見えるわけ?

                      もうねー、みよごんさんの所の週刊誌情報(娘さんを息子と書いてあった件)にもビックリしたけど
                      週刊誌、テキトーなことばっかり書くよね!!
                      しかもね、この記事全部読むと、堤さんをけなしてるんだかほめてるんだか、全然わからないの(笑)
                      そういう怪演がおかしいって言ってる一方で、
                      番組の堤さんの演技をいろいろ取り上げてくれて、主役を食っちゃうみたいな言い方もしているし
                      いったい何を言いたいわけ?

                      「花子とアン」の、吉田鋼太郎さんが演じた嘉納伝助についても、
                      当初、下品だの、ああいう田舎者のイメージを強調してほしくないだの、言われていましたが
                      終わってみれば、視聴者はみんな鋼太郎さんにメロメロになったわけですよ!
                      力のある俳優さんは、物語を通してちゃんと登場人物を魅力的に作り上げられるんですよ!!
                      どうも最初にインパクト強く出て来ると、変に叩かれるけど
                      最終的にどうだったかまでちゃんと判断してほしいですよね。
                      つーか、最後までの展開も知らないうちから、下品な批評はしないでいただきたい。

                      ・・・ま、週刊誌に文句言っても無駄ですけど。


                      今日の音ハズレな「ゴンドラの唄」で、1000人くらいは堕ちたはず(笑)


                       
                      posted by: 観世 | 「マッサン」 | 08:55 | comments(5) | trackbacks(0) | - |