近松心中物語 2/10 ソワレ

0

    JUGEMテーマ:堤真一

     

    夜の回の席はとても良い席でした!!

    前から5番目くらいで、下手側通路脇。

    そう、ナルシさんポイントですねっ!!(>▽<)

    1回見てそれがわかっていたので、ワクワクして座りました。

     

    新国立の座席は、通路も広いし、前後の間隔も広いのでいいですよね。

    真ん中の方の席の場合、失礼します失礼しますと言って足をよけてもらって座りに行くわけですが

    新国立は余裕で通れるほど前後の間隔があります。

    舞台もゆったりと見れます。

     

    お客さんはマチネ・ソワレともほぼ満員で、2階席にも結構入っていました。

    あまり若い人は多くなく、むしろ年配の方や男性が多かった。

    男性は若者も年配も多かったです。

    出演者のお知り合いも多いのかもしれませんね。出演者多いので。

     

     

    さて、夜の公演ではすっかり与兵衛(ナルシさん)・お亀(小池栄子ちゃん)に気持ちを持っていかれました。

    1回目は、忠兵衛・梅川に対する明るいキャラだと思ったのですが

    昼の部を見終わって、パンフを読み込んだりして思ったのは

    与兵衛・お亀の方が、なんでもない庶民の二人で

    普通に暮らしていれば良かったのに、歯車が狂って、

    なぜか忠兵衛とも関わり合いになって

    お亀は勝手に、悲劇のヒロインみたいな勘違いを起こして

    (パンフに栄子ちゃんが「夢見る夢子ちゃん」と書いていたけど、まさにそれ)

    与兵衛は「えー?」と思いつつもお亀が大好きで大好きで、

    結果、あの様な結末に。

    そんなことしなくて良かったのに、と何度も思いました。

    蜆川のシーンでは、昼公演では「コントかよ!」と思ったのに

    夜公演では周りのお客様がゲラゲラ笑う中、一人涙を拭いていました。

    なんか・・・滑稽で、哀れで。

     

    栄子ちゃんがすごくいい。もちろんナルシさんもいい。

    ただ、年が19と24と聞いて、『うーん、それは無理があるw』と思っちゃったし

    それくらいの若い役者さんがもし上手に演じたら

    また違う舞台になるのかもしれないなと思いましたね。

    それは忠兵衛と梅川もそうだけど。

    「愛とは何か初めて知った」みたいな若い役者さんが演じたら、どんな風になるんだろう。

    ・・・まあ、演技力の必要な作品だし、所作なども難しいから、うまくできるかどうかはわからないけれど。

    ちょっと・・・忠兵衛=菅田くんとか、与兵衛=濱田岳くんとか、

    梅川=満島ひかりちゃんとか、脳内想像キャスティングしてしまったw

     

    明日は最後の観劇。上手寄りの席です。

    (今回の席は割と中央寄りだったけど、昼間と全然違って見えた!

    というか、昼間は舞台の下手3分の1くらい見えてなかったわ!w)

    今度はどんな風に見えて、どんな気持ちになるかな!

    見るごとに、いろんな思いになる作品です。

     

    どうでもいいけど、拍手を続けづらいカーテンコールです。

    楽日くらいはスタオベしてあげて欲しいけど・・・やりづらそうw

     

     

    明日、時間があったら演出のことについて書き留めておきたいです。

     

     

    posted by: 観世 | 舞台「近松心中物語」 | 01:09 | comments(2) | trackbacks(0) | - |

    近松心中物語 2/10 マチネ

    0

      JUGEMテーマ:堤真一

       

      ついに見ました、近松!!

       

      今日の席は、10列目ということで通路に面した席なのはよかったのですが

      左から3席目。さすがにかなり端だった(^ ^;)

       

      私の左隣はご夫婦でしたが、奥様が堤ファンのようで

      堤真一の会の話をしていて、

      かなり古くからのファンのようで、私と同じ匂いを感じましたが(笑)

      話しかける勇気はなかったですw

       

      私の席からは堤さんの背中ばかりが見えて、

      そこ! そこの顔を見せて!!とばかり思ってましたw

      ラブシーン、ほとんど全部上手向くんですよね、堤さん。

      お陰でりえちゃんの表情はよっく見えましたが(笑)

       

       

      見終わった直後の感想は「じーーーーん」

      いろんなことが起こって、ドタバタもあったりするんですけど

      ラスト10分が美しすぎて・・・

       

      またカーテンコールのラストのはけ方まで切なくて

      じーーーーん  でした。(←見た人ならわかるw)

       

       

      この程度ならネタバレにはならないと思うので書きますが

      忠兵衛(堤さん)と梅川(りえちゃん)のラストシーンは

       

      「美しい」

       

      これしか湧き上がって来なかったです。

       

      ビジュアル的に美しいのか

      これまでの話を紡いだ上でのシーンだから美しいのか

      演出がいいのか、なんだかわかりませんが、

      心の底から「美しい」が湧き上がってきて、泣けました。

      二人の結末が良いとか悪いとか、昔だとか現在だとか

      そんなことは全部超越していました。

      涙が込み上げました。

       

       

      カーテンコールの二人は、また一層美しくて

      私はなぜか、こんな(スッと美しい)堤さんを見られる幸せが、

      一体あと何回あるんだろうか、なんて思ってしまって

      センチメンタルな気分になりました。

      おちゃらけな堤さんはこれからもずっと見られる気がするんだけどね。

      こういう素敵な堤さんは、やっぱり特別。

       

       

      感想も、追い追い載せます。

      今日はこれから夜公演も観ます。

      今度はけっこうセンターっぽい。(号泣しちまいそうw)

       

       

       

      posted by: 観世 | 舞台「近松心中物語」 | 16:36 | comments(2) | trackbacks(0) | - |

      近松心中物語 観劇!

      0

        JUGEMテーマ:堤真一

         

        東京は晴れて、とても暖かいです! よかった!

        昨日とは大違い。

         

         

        さ、ようやく新国立劇場にやってまいりました!

         

        IMG_1841.JPG

         

        堤さんはここにもう1ヶ月も通っているんだなぁ。

        ようやく来れましたよ〜〜。

         

        小さなお花も用意しました。プロジェクト名で。

        バレンタインですしね!

        (プロジェクト名使っていろんなことさせてもらって、すみませんw)

         

        ここ数日で、公式サイトももう一度読み込みましたし、

        みよごんさんのブログも拝見しましたし(笑)

        だいぶ勉強はしました。

        みよごんさんはじめ、最初の頃に観劇された方が皆さん言っていた

        音響が大きすぎてセリフが聞こえないという前半のシーンも

        すっかり改善されているようですので

        安心して見てきたいと思います。

        あとパンフレットもやっと手にできる!楽しみ♪

         

        まぁ、心配といえば堤さんのやつれ具合かな(笑)

        心を込める舞台が長期間の公演だと

        堤さん、如実に痩せてやつれていかれますからねー(それが凄みにもなるのですが・・・)

        ま、もうご家族もいるし、健康管理はバッチリかもしれませんね!

         

         

         

         

        posted by: 観世 | 舞台「近松心中物語」 | 12:47 | comments(0) | trackbacks(0) | - |

        近松心中物語 開幕からもうすぐ1ヶ月

        0

          JUGEMテーマ:堤真一

           

          久しぶりの更新となりました! 放置すみません!!(汗)

           

          あっという間に、「近松」が開幕して1ヶ月が経とうとしています。

          私の観劇日も今週末に迫りました。

           

          忙しさもあり、また観劇日が遠いのにあまり早く情報を入れないようにしようと思っていたせいもあって

          ほぼ無勉強です(笑)

           

          これから、批評を集めるなど勉強をして、観劇に備えたいと思います!

           

           

          さて、お知らせをしていなくてすみません。

          恒例の初日のお花、今回も送りましたよ!

           

           

           

           

          続きを読む >>
          posted by: 観世 | 舞台「近松心中物語」 | 18:25 | comments(2) | trackbacks(0) | - |