「お蘭、登場」情報などなど

0

    JUGEMテーマ:堤真一

     

    (※ 本ブログと同じ内容です)

     

     

    この土日で見て来た「お蘭、登場」について

    ネタバレは極力出さないように、まずは情報などを書いておきます。

     

     

    1回目、土曜マチネは、チケットがあって座って見てきました。

     

    土曜のソワレは、前日に必死で電話をかけて、「当日券キャンセル待ち 10番」という数字をもらっていました。

    聞いてみたら当日券は2枚しか出なかったとのこと。(←それってどうなんだ!!)

    しかし、トラムシートと立ち見の可能性があると聞いていたので、あきらめずに行ってみたら、

    立ち見で見ることができました!

     

    立ち見といっても、なにせシアタートラムは狭いので、

    横の壁際でしたが、"あまりに舞台から遠い端っこ" という感じはしませんでした。

    (さらに、日曜昼も見ましたが、立ち見席 前から3人目で、かなり舞台に近くておいしかったです!^ ^)

     

    上演時間も1時間20分くらいなので、立ち見もそれほどキツくありません。

    そしてお値段が4000円!

    チケットの定価は8000円ですので、半額ですよ! 安い!!

    すごく得した気分でした。

     

    これから見に行こうかなとご検討中の方、当日券も悪くないですよ!(^^)

    キャンセル12番くらいまでは、立ち見でじゅうぶん入れてもらえます。

    (もしかしたらもっと詰めたら、20番くらいまで大丈夫かもしれない)

     

     

    お芝居は、想像していたほどシリアスじゃありませんでした。

    江戸川乱歩がモチーフということで、暗く陰湿な感じ、エログロ、猟奇事件・・・みたいな舞台かもしれない、って思ってたんですけど

    もちろんそういう雰囲気はあるんですけど、もっと全然楽しい舞台でした。

    正直、「そんな感じでいいの?」と思ったり。(笑)

    だけど、パンフレットの北村想さんによると、この作品のテーマは「茶番」だということで

    ・・・だからいいのかもしれないw

     

    この作品は「日本文学シアター」の5作目ということですが、

    他の4作を見ていないんですけど、パンフレットなどを読む限りでは

    他の作品もこんな雰囲気・・・煙に巻かれちゃうような感じらしいから、

    北村想テイストなんでしょう。

     

    ラストシーンの、舞台バックの絵、セリフ、雰囲気と余韻は

    北村想さんらしいな、と思いましたよ。

     

     

    キョンキョンの歌が耳について離れず、つい口ずさんでしまう私です(笑)

    あの歌、なかなかいい歌だと思うw

     

     

     

    posted by: 観世 | 舞台「お蘭、登場」 | 22:46 | comments(0) | trackbacks(0) | - |

    「お蘭、登場」舞台写真公開

    0

      JUGEMテーマ:堤真一

       

       

      舞台写真が何枚か公開されました!

       

      ステージナタリー

      「お蘭、登場」開幕、小泉今日子演じるお蘭が名探偵と警部を翻弄」

      https://natalie.mu/stage/news/287050

       

       

       

       

      上記、ステージナタリーの記事で、3人のコメントも読めます!

       

      堤さんが

      「裏にきちっとした社会的なテーマがある知的な作品です」

      と言っているので、

      その辺も期待しながら見たいと思います。なんだろう、社会的なテーマって(^ ^)

       

       

      克実さんと堤さん、同じような服装なのね〜。

      少し色を変えるとか、ハットを変えるとかできなかったのかしら。

      そっくりよ?(笑)

       

      posted by: 観世 | 舞台「お蘭、登場」 | 22:07 | comments(0) | trackbacks(0) | - |

      「お蘭、登場」初日開幕

      0

        JUGEMテーマ:堤真一

         

        堤さん、小泉今日子さん、高橋克実さんの3人芝居「お蘭、登場」

        昨日初日が明けました。

        おめでとうございます!!

         

        ざざっと情報を見たところによると(ほんの少しネタバレごめんなさい)

        ・上演時間は75分。短い。

        ・小泉さんが歌うらしいw

        ・セリフが長かったり難解だったりして、ちょっと役者も大変そう

        らしいです。

         

        3つめの「セリフが難解」は、

        むしろ"昭和文学"独特の小難しい言いまわしがあるのかな〜なんて連想させて、

        期待が持てるところですが

        役者さんは大変かもしれません。滑舌とかもね。

         

        短いお芝居だそうで、ちょっと残念ですが(どうせならたっぷり見たいファン心理により)

        こう言っちゃなんですが、出演者みんなあまり若くないし

        公演期間も長丁場なので

        短い舞台に全力で取り組んでいただいて、やりきっていただきたいなとも思います。

         

         

         

        今回ももちろんお花を贈りました!

         

         

         

         

         

        続きを読む >>
        posted by: 観世 | 舞台「お蘭、登場」 | 09:07 | comments(1) | trackbacks(0) | - |

        「お蘭、登場」明日初日!

        0

          JUGEMテーマ:堤真一

           

          (本ブログと同じ内容です)

           

           

          堤さんの舞台「お蘭、登場」

          明日からシアタートラムで開幕です!

           

           

          公式サイト: http://www.siscompany.com/oran/gai.htm

           

          チケットは完売のようですが、当日券は出るようですので

          興味のある方はどうぞ♪

           

           

          この舞台は、堤さんと、小泉今日子さん高橋克実さんの3人芝居。

          シス・カンパニーが、劇作家・北村想とタッグを組み、

          シリーズで上演している『日本文学シアター』の第5作目です。

          江戸川乱歩の作品をモチーフにした内容。

          キョンキョンが女盗賊(?)で、堤さんが探偵、カッツミーが警部。

          昭和初期テイストでミステリアスな内容になるんじゃないかな〜と想像しています。

          だいたい、堤さんが明智小五郎って、それだけでワクワクですよねっ!!(≧▽≦)

           

          演出は、寺十吾さん。

          はい、読める人!!! 読めた人はえらい!!

          これで、じつなし さとる と読みますよ。

          最近注目されている演出家さんです。

           

          私は東京公演を7月7日(堤さんのお誕生日!!)、

          大阪公演は千秋楽を、見に行く予定です。

           

           

           

          ところで!!

          この舞台に関する宣伝記事等もいくつか出ているわけですが

          その中でも、中井美穂さん(古田敦也の奥さんで舞台通)との対談記事が衝撃でした!!

           

          サンケイリビング BUTAKOME

          「堤 真一×中井美穂 スぺシャル対談▷6月16日開幕!『お蘭、登場』」

          http://ent.living.jp/column/nakai/87441/

           

          この中で語られた驚きのコメント!

          「六十歳までには演出をやってみたい」!!!!! Σ(゚口゚;)//

           

          僕も一度は演出をやってみたいなと思っているんだけど……ま、初めてやるならヘタでもいいだろうと思って(笑)。千葉さんに話を聞くと、とくに若い役者さんと芝居作りをしている時に、「自分が想像もしていないものが出てくることが面白い」と。「それが役者としての自分への刺激にもなるから」ってね。僕も、違う価値観に触れていかないといけないなと思っているので。まあ、演出すると決めたらたぶん、そこから眠れない日々が続いてしまうと思うけど…。』

          『そういうことも、やっていかなきゃいけないなと思っています。まあ、六十歳までには一本、演出ができたらいいなと思ってます。

           

           

          マ ジ か !!!がーん

           

          堤さんは、次のお誕生日で54才。

          60才までにはということは、あと6年のうちにはということで

           

          そんな、あと数年のうちに「演出・堤真一」なんていう舞台が見られるのかと思うとっ!!!

           

          なんだろう、この久しぶりの

          うれしいような不安なような気持ち(笑)

          昔、堤さんが生放送番組に出ると聞くと、こんなソワソワした気持ちになったものだった(T▽T)

          (堤さんは生放送での失言がひどかったためですw)

           

          まぁ、堤さんも長く役者人生を歩んで来たし

          家庭も持っていろんな考え方をするようにもなっただろうし

          お年もいい年齢になってきたのだから

          やりたいことを存分にやってくれたらいいなと思います!

          たーだーし、

          演出家・堤真一に対しては、私はけっこう物申すかもしれないぜよw

           

           

           

           

          posted by: 観世 | 舞台「お蘭、登場」 | 13:16 | comments(0) | trackbacks(0) | - |