<< 才原ロスにつき、舞台ふりかえり(前編) | main | アラン・リックマンと 「タンゴ・冬の終わりに」 >>

才原ロスにつき、舞台ふりかえり(後編)

0
    JUGEMテーマ:堤真一

    前編で書き忘れたけど
    ウソをつきまくる志賀さんが、途中で「私はシャーマンです」と言って
    変な呪文を唱えながら踊る所がありましたが
    あれは、ニコ動中継でやっていた、鈴木浩介さんの即興の変なダンスだよね。
    福田さんが「採用!」って言ってたけど、まさか志賀さんがやるとは(笑)


    さて、それでは続きです!

    シーン7 慣れっこな人質
     くるみちゃん役のフミカスが、ガニ股がばーっと頑張るシーン。
     「ガニ股こわい〜〜〜(泣)」
     犯人2人を恐喝して逃げようとするくるみちゃんだが、
     戻ってきた犯人の片割れに「なめんなよ」と言われる。
     この戻ってきた犯人が才原(堤さん)なわけですが、最初は全然気づきませんでした。
     そして、客席に背中を向けてフミカスに何か見せ、「おじさんの言う通りにしろ」と言うのですが
     あれ、何を見せていたか見えました? 警察手帳を見せていたんですよ。
     でも見にくかったですよね。なんで後ろ向きに見せてたんだろう?


    シーン8 誘拐報道特別番組
     正岡社長が誘拐犯に直接語ろうとする報道番組。
     アナウンサー役の鈴木くんの暴走。郷原警部のアイドルとの恋愛問題に脱線。
     このシーン、一番よくわからなかった(^^;) あまり面白くなかったし。
     (個人の感想です)


    シーン9 ミュージカルオーディション
     岩田登登場〜。「自分、不器用ですから」
     最前列で見た時に、つけ眉毛のものすごさにビックリ(笑)
     (ちょっとセリフ忘れたけど)考えては眠り・・・のところ、
     「考えては・・・」の顔、目が大きくてね〜〜w こぼれ落ちそうでしたよ。
     「ミュージュカル界にはホモが多いと聞きますが」といって
     最後、歌のラストで監督にお尻を向ける。(←なんでもアリか!とびっくり、その3)


    シーン10 モンタージュ
     家政婦のまさこさん暴走。
     「アマカツッ!!」って誰?
     ここは・・・ワタシ的にはどうでもよかったシーン(笑)


    シーン11 いざ、踏み込むっ!
     電柱の陰で、才原とプロミスとホクロが、踏み込む時に靴をどうするかで大モメ。
     この時の堤さんがすごく好きだった私。
     なぜなら、超マジメにやってるから!
     ヨシ、これで行ける!と決めて、上手へ走り出していくときの真剣さ、
     毎回刑事ドラマを本気でやってる位の真剣さでかっこよかった。
     あれは真剣だからこそ面白いシーンです。
     ダメか〜〜!と舞台上手でゴロンゴロンする堤さん。1回転げる時と2回転げる時がありましたね。


    シーン12 約束の24時
     結局靴のせいで犯人を取り逃がした3人に替わり、吉崎警部が犯人を追ってくる。
     ピンチになった時に踏み込んできたあやかちゃん、撃たれてしまう。
     胸から血を流して、意識がなくなるあやかちゃん。
     そこへブラックジャック登場。「高いよ? 5億!」「お願いします!!」
     ブラックジャックが登場した時の、客席の待ってました感(笑)


    エピローグ
     才原はニセ刑事で、岩田登の演技であったことが明かされる。
     そこからミュージカルシーンへ。(やや無理があるwww)
     このミュージカルシーンはひたすら楽しかった! 
     宝塚階段も出て来て、最前列の時はまぶしいくらいでした。
     堤さん・志賀さん以外の役者さんは、客席に下りて来てくれました。
     堤さんの堂々とした歌と踊り。感動。
     歌も Happy Happy♪ と連呼する歌詞で、あの「Happy♪」と堤さんの笑顔が脳裏に焼き付き
     思い出しては元気がもらえています。


    カーテンコールで「ありがとうございました!」と挨拶する堤さん。
    最前列の時、隣のじゅんさんも「ありがとうございましたー!」と返していておもしろいなと思ったら
    その次の回では、隣のみゆきさんがやっぱり「ありがとうございましたー!」と返していました(笑)
    でもホント、ありがとうって言いたくなる楽しい舞台だったよね!!


    以上、駆け足でふり返りでした〜。
    テレビ放送が待ち遠しいです!



     
    posted by: 観世 | 舞台「才原警部の終わらない明日」 | 08:29 | comments(2) | trackbacks(0) | - |

    スポンサーサイト

    0
      posted by: スポンサードリンク | - | 08:29 | - | - | - |
      コメント
       
      2016/01/15 10:36 PM
      Posted by: じゅん
      よっ!待ってました、ふりかえり後半!
      モンタージュシーンのアマタツ!はですね、フジテレビの朝の番組、とくダネで気象予報士をされている天達武史さんのことで、小倉さんが「アマタツ!」って呼びかけるんですよ。だから、のぶえさんは小倉さんのものまねでやってました。言い方似てましたよ。

      電柱の陰から踏み込むシーン、私も大好きです!
      そうそう、ゴロンゴロンですね、かわいかったですよね〜あんなにかわいらしい51才がいるでしょうか!

      ブラックジャックのシーンも好きです。あのかぶりものは特注ですね、残念ながら売ってませんでした。
      最後のミュージカルは観てる方も笑顔になって、楽しかったですね。才原登場の時のダンスはもちろんのこと、最後までかっこよくておちゃめでおもしろくて、楽しそうな堤さんで嬉しかったです。
      楽しそうな堤さん、クセになりそうです。

      観劇の前、観世さんが「チケット取りすぎたかな、でも千秋楽は観たいしね〜」って言ってましたが、ぜんぜん足りないっすね。あと5回は観たいよ〜
      2016/01/15 11:58 PM
      Posted by: 観世
      ああ、「アマタツ」ですか!
      アマカツかアマタツかわからなかった。
      民放難民なのでわかりませんでした。教えてくれてありがとうございます!

      うん、劇自体も短いですし、疲れないし
      取り過ぎってことなかったですね。
      テレビになったら繰り返し見ちゃいそうですね! 一時停止やコマ送りもしちゃいそう(笑)










      トラックバック
       
      http://murayamasan.jugem.jp/trackback/396