<< 「民衆の敵」私の初日! | main | 「民衆の敵」ざっくり感想 >>

良席の幸せ

0

    JUGEMテーマ:堤真一

     

    おはようございます。

    昨日は「民衆の敵」ソワレ公演を観てきました。

     

    昨日は旧知の友人(奈良在住)と一緒に見ました。

    彼女も堤さんが大好きですが、

    私のようなLOVE目線と違って、親しい友人目線(?)で大好きで

    (ちなみに彼女は「真ちゃん」と呼んでいますw)

    で、もちろん段田さんなども好きなので、喜んで同行してくれました。

     

    昨日のチケットは、B席中央。

    ふふふ〜ん♪  前から2列目!  とワクワクして行きましたら

    ・・・・・・なんと!!  A席は無かった!

    つまり そう!!  最前列だったのです!!!  ギャーー!

    しかも昼公演で、堤さんがこの席の目の前に来ることもわかってます!(オープニングからモロにw)

    ビビりまくる友人(笑)

     

    このチケットは堤真一の会先行で取ったのですが

    最近、本当にすばらしい席を用意していただけます。

    以前では考えられなかった席。

    ダンナなどは「人気が・・・?」などと揶揄しますが

    当然です、この年でチケットが取れないほどのミーハー人気があるわけありません。

    私はむしろ、この時を待っていたのです!

    年齢を重ねて、トレンディー俳優とは呼ばれなくなった時に

    チケットが取りやすくなる時期がやってくる。

    堤さんは舞台を続けてくれるはずなので、

    舞台の堤さんを最後まで愛し応援する人のところに

    良いチケットが回ってくる日が、必ず来る!

    昔からそう信じていました。

    そしてついに今、そういう時代になったのです!!(笑)

     

    しかも堤さんは今だに主演を張ってくれ、見ごたえのある舞台に出てくれている。

    今回なんかご覧なさい、出ずっぱりの語りっぱなしですよ。ナマで!

    堤さんがずっと舞台を第一線で続けてくれているからこその、この恩恵です。

    ファンとしてこんなに幸せなことはありません。

     

     

    今回、堤さんの演技が以前と比べて変わったなーと、改めて思いました。

    以前から少しずつ変わってきている気はしたのです。

    オモシロ系などにも出るようになって、ひょうきんな面を見せるようになり

    最初は、ちょっと無理してる感じやわざとらしさを感じた時期もあったのですが

    今はもう、とても自然。

    なんでしょう、いつでもアドリブしてる感じですよ(笑)  

    いや、してないんだけどね、アドリブしているくらいの素の感じがあって、自然なんです。

    そういうのが、ふとした小さな動きや反応の時に感じられて、

    以前より本当に自然で自由な感じを受けました。

     

    あ、「お蘭、登場」の時に、急に高橋克実さんとアドリブ合戦を始めて、あの時の切り替えにも感心したんだけど

    ああいう感じを自然に、このストレートプレイでもやっている感じです。

     

     

    結論。堤真一は、またちょっと素敵になっちゃった(笑)

     

     

    今日はたぶん前から2列目です。

    カーテンコールも毎回3回位してくれて、スタオベも毎回です。

    拍手している手が痛くてツライです。

    でも今日は最後だし、今年の見納めだし

    痛くても頑張って手を叩くよっ!!

     

     

     

     

    posted by: 観世 | 公演情報「民衆の敵」 | 09:30 | comments(0) | trackbacks(0) | - |

    スポンサーサイト

    0
      posted by: スポンサードリンク | - | 09:30 | - | - | - |
      コメント
       









      トラックバック
       
      http://murayamasan.jugem.jp/trackback/434